美容外科全般Q&A 川崎クリニック 美容外科・美容整形 よくある質問 美容外科119番

美容外科全般Q&A

このページの先頭に戻る

目と鼻の手術を、手術前にシミュレーションで確認して手術を受けましたが、シミュレーションと同じようになりませんでした。シミュレーションは何のためにあるのでしょう?

手術を受ける人が、術後の姿をイメージできるようにするのがシミュレーションです。

しかし、大きな問題点は、コンピューターで絵を描くことには、実際の医師の技量は反映されない点です。つまり、絵で描いたものと、実際は違うということです。そして、シミュレーションした絵に対しては、誰も責任を持ってくれません。絵なら、どれだけでも目を大きく描くことはできますが、本来の目が大きくなるかどうかは別問題です。一見、自然に見えるけど、実は自然にはならない。術後のイメージを実感させるためのシミュレーションは、その通りにならずトラブルになるケースが多いのが実状です。最も大切なのは医師の技量であって、コンピューターの出来具合ではないのです。

21世紀に入っての美容外科の進歩と、これからの展望を教えてください。

1つはレーザー治療が格段に進歩しました。例えば、シワ・シミ・アザの治療、レーザー脱毛などがそうです。形成外科専門医による傷跡の治療や、皮膚移植手術の技術の進歩には目を見張るものがあり、レーザーも年々改良が加えられていますので、シミ・シワの治療や完全脱毛はさらに身近なものになるでしょう。

もう1つは、材料の進歩です。例えば、以前は豊胸バッグには、シリコンやパラフィンを入れていましたが、それらの物は、体内で破れた際に害を与えるという事で、現在は生理食塩水バッグやコヒーシブシリコンバッグなどのグミ状のバッグになり、害もなく、見た目にも自然な感じになってきました。鼻のプロテーゼは、以前は象牙を使っていましたが、現在ではより軟骨に近い非常に柔らかい材質になりました。

また、骨を削る手術も、アメリカ製の専門機器が導入され、安全かつ簡単にエラ・顎の骨を削ることができるので、自然で美しく修正する事ができるようになりました。こうした材料・医療機器が進歩してきたことで、より効果的に悩みが解決できるようになりました。

今までは、手術をする側の技術にも問題がありましたが、最近では、最初から美容形成外科を目指す若い優秀な医師が増え、非常にレベルの高い医師が手術を行っています。今後も、美容形成を受けようという人口は増加の一途をたどっていきますから、それに応じて手術を受ける方も、高いレベルの技術を求めるようになっていくでしょう。いくつかのクリニックに相談に行かれれば、受けられる方自身が、納得できる手術を選べるようになるでしょう。

豊胸術のトラブルを耳にしますが、実際はどうなのでしょうか?

豊胸術でのミスとは、技術的なものがほとんどです。適応性の誤り、形が綺麗にならないなどのトラブルや、材質に問題がある物を使った場合にもトラブルが出てきます。しかし、現在は改良されたバッグがたくさん出ていますから、手術前によく相談し、説明を受けた上で、手術をされれば問題はありません。

このページの先頭に戻る

今後、高年齢化がさらに進むと思いますが、若返りの治療の需要も増えるのでしょうか?

日本人の平均寿命が伸び、女性が第一線で活躍する機会が増え、いくつになられても綺麗でありたいと望む方が増えてきたからでしょうか、最近はフェイスリフトや瞼のタルミ取りを希望される方が増えてきています。今後もヒアルロン酸注入・ボトックス注射や、シワ取りレーザーなど、治療の選択肢が増え、ますます若返り治療の需要は増えていくと思います。

美容外科の増加とともに、安心して手術をうけられるクリニックの選び方も、大切になると思います。良いクリニックの選び方を教えてください。

何軒かのクリニックで相談されてから、手術を受けることをお勧めします。

何回も手術を受けることは不幸なことなので、納得するまで相談されて、一番信頼できるクリニックで受けて頂きたいと思います。一カ所だけで決めてしまいますと、治療を受ける側と手術をする側の考え方が違い、トラブルになることがあります。どういう状態が失敗で、どういう状態が成功なのか、あるいは修正が必要なのかを認識することが大切です。

結果が出るまでには、腫れたりすることもありますので、そのことも十分に理解しておかなくてはいけません。これらのことを踏まえた上で、一番良いと思われるクリニックを選びましょう。

最近では、小学生までがプチ整形に興味を持っていると聞きます。痛くなさそうだし、お手軽な感じがするので、初めて整形をする人には、向いているかと思います。でも、実際にはどんなものが「プチ整形」なのかよく分かりません。

簡単に分類すると、メスを使わない施術が「プチ整形」と呼ばれています。

ですから、ケミカルピーリングでシミ・シワを改善する、ヒアルロン酸を注入して鼻を高くする、糸で留めるだけの埋没法で二重にする、などがプチ整形と分類されています。これらは、簡単に元の状態に戻せるので、本格的なケアを受けるまでの、お試し整形と考えて頂いても良いでしょう。

私達が行うのは、外見の治療ですが、「あなたがより自分らしくなれるように」と、外見を通した内面の治療でもあるわけです。ですから、せっかく魅力を引き出せても、あなた自身の心が不安でいっぱいだと、意味がありません。自分の目で納得できる美容整形をうける為に、整形後のイメージを把握できる、プチ整形から始めるのもひとつの方法でしょう。

このページの先頭に戻る

以前、美容整形を受けた時、麻酔が痛かった記憶があります。麻酔を痛くないように受けられるのなら、また受けてみたいと考えています。

局所麻酔はどうしても痛いものです。痛みに関しては強く感じる人、弱く感じる人いろいろですが、不安がある方や、痛み無く受けたい方には、全身麻酔が良いでしょう。

今は軽いものから強力なものまでいろいろな全身麻酔があるので、寝た状態やお酒に酔った様な程度のふわっとした感じで受ければストレスなく受けることができます。

「キレイになりたい!」と思っているのですが、アレルギー体質です。美容整形手術を受けても大丈夫でしょうか。

ある種のアレルギー体質や、ケロイド体質(真性ケロイド)の人は、少しの傷でも際限なく大きくなるので手術できない、ということもありますが、じんましんやアトピー、かぶれ易いという程度ならば美容整形においてはほとんど関係ありません。

アレルギー体質というのは、アレルギーの原因になるものに対してアレルギー反応を起こすことです。要はアレルギーの原因になることをしなければよいわけです。例えば、麻酔に対してアレルギーのある人は、その麻酔を使わなければ良いですし、ペニシリンアレルギーのある人なら、ペニシリンを使わなければ良いのです。体質については術前に医師にお伝えになられることをおすすめいたします。

川崎クリニックさんでは、他院で手術を受けて満足な結果が得られなかった方の修正手術も行っていると聞いたのですが、このような事例はよくあるのですか?

以前、他のクリニックで上腕の脂肪吸引手術を受けた患者様が、当院に修正手術に来られたのですが、術後跡を診察すると、上腕の外側と肩の付け根部分の脂肪が全くと言っていいほど取れていませんでした。

その患者様は費用としてクリニックに30万円支払ったそうです。当院で行う脂肪吸引は50万円ですので、一見そのクリニックのほうが安くてお得だと思うかもしれません。ですが手術内容を見ると、そのクリニックは当院の手術に比べて、手術の範囲は1/3~1/4以下で、取った脂肪の量も1/4~/1/5程度でした。範囲も量もかなり少ないことが分かると思います。

その結果、バランスの悪い不自然な腕の形になってしまっています。費用が安いというだけでクリニックを決める方は多いかもしれませんが、思った通りの結果に仕上がらないケースも多いようです。一生に一度の手術ですから、費用が安いか高いかだけで判断せず、信頼できるクリニックを選ばれたほうが良いでしょう。

このページの先頭に戻る

美容整形をどこで受けようか迷います。手術費用に安い高いがあり、何を基準に考えると良いでしょうか?

正確な手術内容で、費用が安ければそれに越したことはありませんが、

費用が安いというだけで飛びついてしまうと、結果的に希望とは異なる仕上がりになる場合もあり、全く意味のない手術を受けてしまうことになりかねません。手術が失敗した場合、たとえ料金が戻ってきたとしても、ある程度時間を開けないと再手術ができない場合もありますので、結局は無駄な時間を使って身体に余計な傷跡を増やすことになってしまいます。

やはり手術を受ける前に医師とよく相談し、患者様自身が手術内容をよく理解して受けることが大切です。その料金に見合うだけの満足な結果が得られれば、それが一番の適性価格だと思います。

一度の手術で成功するポイントはなんですか?

やはり、いくつかのクリニックへ相談に行かれることをお勧めします。

電話相談だけで手術を予約して、いざクリニックに行ってみたら、あまり信用できないクリニックだったが、断り切れずにそのまま手術を受けてしまい、結果は希望とは全く異なるものだった…。なんてことになれば間違いなく一生後悔してしまうでしょう。ウインドウショッピングをするような気持ちで結構ですから、いろいろなクリニックを訪れて、医師と費用や手術内容などの気になることをよく相談しましょう。そして納得いくまで相談してください。その中で一番信頼できるクリニックで手術を受けられることが成功への一番の近道だと思います。

美容整形を受けてみたいのですが、良いクリニック選びのアドバイスをお願いします。

「手術を受けて良かった」と思えるクリニック選びをするためには、やはりいくつかのクリニックに相談に行かれて、どこのクリニックが一番信頼できるかを、じゅうぶんに時間をかけて検討された上で選ぶのが一番良いでしょう。一生に一度の手術です。「後悔のない」「失敗のない」確かな手術を信頼出来るクリニックで受けましょう。

このページの先頭に戻る

リストカットの傷跡を他院で切除縫合しました。手術直後はキレイな一本線でしたが、数ヶ月にしてだんだん傷が開いて盛り上がり、ひどいケロイドになってしまいました。修正は可能でしょうか?

リストカット跡が広範囲にわたる場合や皮膚にゆとりがない場合、また体質の影響などにより、切除縫合の手術跡が大きく開いてしまうケースがあります。

当院では、皮膚移植手術を行います。まず、目立ちにくいお尻などからキレイな皮膚を切り取り、 その皮膚を患部に移植することによって、他院で受けた切除縫合の手術跡を目立たなくすることが可能です。

他にも、怪我や火傷などを負って残ってしまった傷跡や手術の縫合跡、あるいは過去のリストカットや根性焼きの跡を、患部の状態、大きさ、部位に応じて、レーザー治療、切除縫合、ハク削、皮膚移植などから、最も適切な治療法を選び、キレイに治療します。

腕に50本以上のリストカット跡があります。少しでも目立たなく出来ないかといろいろな病院に相談をしたのですが、どの病院も広範囲の傷跡の修正は難しいという回答でした。何かよい方法はないのでしょうか。

最近、相談が増えているのが、このようなリストカット跡の修正手術です。
通常は、傷跡のある部分を切り取り、その周りの皮膚を縫い縮めて、傷跡を1本の線状に変える切除縫合といわれる方法を行うことが多いのですが、傷跡が広範囲にわたる場合や皮膚にゆとりがない場合は、縫合跡が大きく開いて目立ってしまうケースがあります。

太ももやお尻など、目立ちにくい部位から皮膚を切り取り、その皮膚を患部に移植する手術で、高度な技術が要求されますが、より自然な仕上がりが期待できます。もちろん、レーザー治療やハクサクなどの治療もおこなっており、傷跡の状態・大きさ・部位に応じて、最も適した方法をご提案いたします。

その他、火傷や怪我などの傷跡や手術の縫合跡、根性焼きの跡などあらゆる傷跡を可能な限り修正いたしますので、お気軽にご相談ください。

3年ほど前リストカットをしてしまい、左腕の肘から先の表裏両面に100本近くの傷跡があります。 どのような治療を行えば、どれくらいきれいになるのでしょうか。

「リストカット」 や 「根性焼き」 の傷跡を完全に元通りにすることはできませんが、様々な方法により、他人にそれとは分からなくすることならできます。

例えば、 傷跡がある部位の皮膚を切除し、縫い合わせることで1本の傷跡に見せる「切除縫合」という方法がありますが、ご相談の患者様のように傷跡が広範囲にわたる場合は、縫合跡が開きやすく、逆に目立ってしまうことがあります。

当院では、こういったケースには、目立ちにくいお尻などから真皮層(浅い層)の皮膚を採取し、傷跡に移植する「皮膚移植手術」をお薦めしています。

皮膚を浅く取るので傷の治りも早く、皮膚移植後は生きた皮膚が定着し、時間の経過とともに赤身や凹凸も目立たなくなっていきます。

その他、皮膚表面を薄く削り取る「ハクサク手術」や、レーザーを照射し、徐々に色素細胞だけを分解して消していく方法などもあります。

どこまで直せるか、目立ちにくくできるかは、医師の経験と技術にもよりますので、カウンセリングを丁寧に行い、希望に沿った方法を提案してくれるクリニックを選びましょう。

このページの先頭に戻る

衝動的につけてしまったリストカット跡に悩んでいます。5センチくらいの白っぽい跡が、ひじ下全体に渡って20本くらいあります。消すことは可能でしょうか?

傷跡の深さによって治療法も結果も大きく異なります。
皮膚のごく表面の傷跡で、色素沈着が見られる場合は、レーザー治療で徐々に目立たなくすることが可能です。逆に白い傷跡や、指で触れて僅かでも凹凸を感じる場合は、傷跡部分の皮膚を切除し、縫い合わせることで、怪我をしたかのような1本の傷跡に見せる方法(切除縫合)や、傷跡が広範囲にわたらない場合は、皮膚の表面を薄く削り取って、目立たなくする方法(はく削)もあります。
しかし、一般的にリストカットの場合、広範囲に傷があることが多いので、より自然に仕上げたいという方には、自身の臀部などの皮膚を移植する方法(皮膚移植)がよいでしょう。当院では、真皮層のギリギリ手前で移植するので、キレイに仕上がり、治りも早いので体への負担も少なくなります。

このように、状態や色、大きさなど、千差万別の傷跡を正しく見極め判断するためにも、経験豊富な医師に任せるのが賢明でしょう。また、どこまで治せるか、目立ちにくくできるか、術後の経過はどうかなど、カウンセリングを丁寧に行い、希望に沿った方法を提案してくれるクリニックを選びましょう。

このページの先頭に戻る

オンライン予約

無料メール相談

  • 医院紹介
  • サイトマップ
  • プライバシーポリシー
  • トップページ
  • 美容外科全般Q&A
  • 二重まぶたQ&A
  • 脂肪吸引Q&A
  • バストアップQ&A
  • ワキガ・多汗症Q&A
  • 顔Q&A
  • 美肌・若返りQ&A
  • 医院紹介
  • オンライン予約
  • 無料メール相談
  • 川崎クリニック総合webサイト
    川崎クリニック総合webサイト
    あなたの悩みを改善します
  • 美容整形失敗.jp
  • 目頭修正.jp
  • ワキガ治療.jp.net
  • 川崎メンズクリニック

医院案内

診療時間:10時~19時
土・日・祝日も診療しています。

大阪院
大阪市北区梅田
1丁目1-3-200
大阪駅前第3ビル2F
神戸院
神戸市中央区
八幡通4丁目2-14
トロア神戸ビル7F